ロンドンでミュージカル観劇①レミゼラブル

イギリスの美術大学に短期留学してデザイナーに転職したNARAです。 今回はミュージカルの観劇についてです。 ロンドンに留学したらぜひ、ウエストエンド・ミュージカルを観ていただきたいです。 ちなみに、ウエストエンドというのはロンドンの地区の名称で、劇場が多くある地区です。 日本だとなんとなく舞台は高い、敷居が高いというイメージがあるかもしれません。 イギリスのミュージカルは座席によってチケットの値段が様々あり、当日券は特値で買うこともできます。 もちろんですが全編英語で字幕なども出ないので、英語にそれほど自信がないうちは事前にストーリーを知っている演目を見た方が歌やダンス、演出に集中できて楽しめるのではないかと思います。 ロンドンでやっているミュージカルは、映画になっているものや日本で上演されているものも多いので、事前に予習しておくことをお勧めします。 私のイチ押し演目をご紹介します。 ◯レミゼラブル◯ 1985年の初演以来、世界中で大人気、ロングラン中の作品。 私がいちばん好きなミュージカルはこのレミゼです。 原作はフランスの文豪ヴィクトル・ユーゴー。 ジャン・バルジャンが主人公ですが、登場人物一人一人に物語があって、毎回見るたびに大号泣です。 日本では帝国劇場で定期的に上演されています。 私は日本、ウエストエンド、ブロードウェイで合わせて20回は観ていますが、キャストごとに感情移入する場面が異なって本当に奥深い素晴…

続きを読む

イギリス短期留学を終えてしたこと②転職活動

イギリスでの半年間の生活を終えて、日本に帰国。 最初にしたことは、TOEICの受験でした。 TOEICが終わった後は、さっそく再就職活動を始めました。 まずは、ポートフォリオの作成からスタートしました。 私は留学前に夜間で東京デザインプレックス研究所に通っていたので、そこの先輩方のポートフォリオを参考に見せてもらいました。 正直、プレックスで保管されている先輩方のポートフォリオは、かなりレベルが高いです。 プレックスの友人から聞いたのですが、デザイン職専門の転職紹介をしている会社の方も、プレックスの人のポートフォリオは出来が良いと言っていたそうです。 ポートフォリオには、プレックスの授業で作ったものと、ロンドン芸術大学の授業で作ったものを両方載せました。 イラストレーターとフォトショップのスキルを見せる必要があるので、プレックスで作った物の割合を多くしました。 イギリスでの授業はアナログの制作が多かったのですが、留学したことはプラスに働くと思ったので、学校での制作風景など作品が出来上がるまでの工程の写真や説明も入れました。 こちらは授業最終日のエキシビションの写真。このように自分が写っている写真も入れて良いと思います。 ポートフォリオの最初に自分の自己紹介のページも作り、A4に印刷してクリアファイルに入れて、全部で20ページほどになりました。 制作期間は1週間ほどです。 これをプレックスの先生に見せたところ、もっと作品数が必…

続きを読む

メルカリ

こんにちは、ロンドン芸術大学に短期留学してデザイナーに転職したNARAです。 今回は、メルカリについて書きたいと思います。 私は2018年の5月からメルカリ を始めました。 もっと早くからやればよかったなぁ!と思っています。 今までに3万円ほど得ることができました。 自分では不要だと思っていたものが意外とすぐに売れたりして、人によって価値観は違うんだなぁと思ったり、面白いです。 私はロンドンに半年住んでいただけなのですが、バンバン買い物をしていたので、帰国するときに日本にダンボールを6箱送りました。 日本に帰国してから「不要なものまで持ち帰ってきてしまった…」と思ったものですが、それらを出品してみると意外と売れています。 海外で手に入れたものは、日本で買ったものよりも売れる確率が高いです。 私の場合、書籍はなかなか売れないのですが、洋雑誌は売れています。 イギリスのパブのコースターを売っている方もいますね。 イギリスに住んでいると見慣れてしまいますが、日本ではなかなか手に入らないので貴重なのだと思います!

続きを読む

イギリス短期留学を終えて行ったこと①TOEIC受験

Let'sアート留学!ロンドン芸術大学に短期留学してデザイナーに転職したNARAです。 今回は、留学が終わり、帰国してから何をしたのかをご紹介します。 私が帰国して真っ先にしたことは、TOEICの受験です。 イギリスにいる段階から、帰国してすぐのTOEICが受験できるように申し込みはしておきました。 留学中に養った英語力を最大限出すには、帰国すぐの受験が良いと思います。 帰国して最初の1週間くらいは、家族に会ったり区役所で失業手当の申請をするなどをしていました。 それらの手続きなどが終わって落ち着いてきたら、TOEICの問題集を解いてみました。 ちなみに私が使っていた問題集はこれです。 Amazon TOEIC Test 「正解」が見える【増補改訂第2版】 問題集は何冊も解くよりも、一冊の問題集で満点を取れるように繰り返し解くことの方が重要だと思います。確実に弱点を克服できるからです。この方法で都内の四ツ谷にあるJ大学に現役合格しましたので、間違った方法ではないはずです。 TOEICの問題集を解いているうちに、自分の変化に気づくことになります。 リスニングの速度がとてもゆっくりに感じられたのです!! 言っている内容がほとんどわかりました。 採点してみるとなんと満点!! これには驚きました。 私は留学中に英語を話す人との交流が少なかったと思っていたので、どのくらい英語力が伸びたのかは正直不安がありました…

続きを読む

イギリス留学への準備〜服

イギリス留学に持っていく持ち物について。 今回は、洋服、服装についてです。 ◯日本から持って行くと良いもの◯ 下着類は1週間分は持っていくと良いと思います。 イギリスでも売っていますが、日本よりサイズが大きめだったので、余裕をもって持参すると良いと思います。 それからパジャマは3つくらい、お気に入りの服のレパートリーが1週間分ほどあると良いと思います。 イギリスは夏でも暑い日があまりないので、夏服は少量で大丈夫です。暑いな、と感じたのは7月の終わりの1週間くらいです。あとの日はアイスを食べたくても涼しいからお腹壊すとやだな…くらいの気温です。むしろコートを持って行ってください。私は8月にエディンバラに行った時、寒くてコートを着ていました。ヒートテックやタイツなども重宝しましたよ! イギリス人の服装は男女問わず、とてもカジュアル。ジーパン、スニーカーにパーカーかTシャツが基本です。昼休みは公園の芝生の上に直に座って食べたり、寝転んだりもするので、汚れても良い服装です。 このような感じです↓ 私はエビちゃんがCanCamで表紙を飾ってたころに日本の大学に通ってた世代で、エビちゃん大好きでしたが、あんなフリフリのめちゃモテファッションとかやらは、やめといたほうが良いと思います。。 ◯現地で調達◯ イギリスにはユニクロもH&MもZARAもあるし、服を買う店に困ることはありません。むしろ、H&MやZARAは日本で買うより安…

続きを読む

イギリス留学への準備〜歯ブラシ

留学へ持っていくと良いもの。今回は歯ブラシです。 歯ブラシは自分が変えるタイミングを見て、留学期間中をまかなえる本数を持っていくとよいでしょう。 えっ!なぜ、歯ブラシ!?と思う方もおられるでしょう。 私も渡英前は歯ブラシは取り合えず1本持っていけばよいかなと思っていました。 ですが、渡英前にフラットメイトになる方とスカイプで電話したときに、何か持ってきてほしいものはあるか聞いたところ、日本の歯ブラシがほしいとの答えが返ってきました。 日本人にとってはイギリスの歯ブラシはサイズが大きくて、磨きづらいとのことです。 使い慣れた歯ブラシがあるなら、何本か持って行くとよいと思います。 私は歯磨き粉はイギリスの歯磨き粉の味を味わおうということで、Bootsというチェーン店の薬局のオリジナル歯磨き粉を買って使っていました。ミントの味と香りが日本より強いです。1〜2ポンドで買えたと思います。 マイルドな日本の味じゃないと嫌!という方は持って行きましょう。 Bootsは日本のマツモトキヨシのような存在で、いたるところにあります。化粧品からシャンプー、薬などを扱っています。シャンプーやボディソープは、イギリスで買えばいいと思います。いろいろな種類があります。DOVEやラックスなど、日本でもお馴染みのものもあります。でもせっかくだから、見たことのないパッケージのものを使ってみるのも面白いと思います。 また、イギリスの女性はネイルカラーを塗…

続きを読む

イギリス留学への準備〜住まいを探す

私が住んでいたのは地下鉄Northern lineのArch wayという駅から徒歩約10分ほどのところ。 日本人同士4人でフラットシェアをしていました。 リビング、キッチン、バス、トイレが共用で、各自の部屋があります。 この物件を見つけたのは本当にラッキーでした。 この家の4階に住んでいました。 ロンドンの日本人向け不動産屋のサイトやMixBという掲示板を使い、フラットメイトは日本人、治安が良いと言われているノースロンドン、できればzone2、家賃は週120くらいで抑えたいと思い探していました。なかなか思い通りの物件は見つからなかったのですが、zone2のぎりぎりArchwayという駅名を知って、「Archway フラット」で検索したところ、日本人オンリーのフラットメイト募集記事を見つけました。なんと家賃は週91ポンド!これだ〜!と思い、大家さんにメールしました。 こちりは共有のリビングです。 びっくりなことに、その広告は4、5年前に住んでいた人が出した記事で、大家さんはそのことをまったく知らなかったそうです。お互い驚きましたが、ちょうど3月から部屋が1つ空くとのこと。スカイプで部屋を見せてもらい、悪くなさそうだったので住むことを決めました。 こちらが私が使っていた部屋です。 ここはずっと入居者の紹介で人が住んできたそうなので、誰のツテも無い私のことを大家さんはShe is the lukiest girlと言っていました。 建物は古く…

続きを読む

イラストACで副業

イギリスのロンドン芸術大学に短期留学してデザイナーになったNARAです。 今回は、私がイラストレーターのソフトを使えるようになってからしている副業をご紹介します。 私は2016年の6月からイラストACで副業を始めました。 主にイラストレーターで作ったイラスト素材を平日は毎日一つアップすることを目標に続けています。(最近は週に2,3個くらいのペースです) このようなイラストを上げています。 始めた当初はまったくダウンロードがなく、あっても一日で1,2ダウンロードでしたが、コツコツイラストを投稿し続けていると 次第にダウンロード回数が増えていきました。 こちらは、イラストレーター登録した後のマイページの画面です。 自分のイラストがどれくらいダウンロードされたが、ページビューがどのくらいあったかなどを確認することができます。 (2018年12月14日分) ダウンロード数は、前日、週間、月間、トータルで確認でき、全イラストレーター中で何位かを見ることができます。 いくらくらい稼げるの? 日によりますが、私は平日だと平均して50ダウンロードくらい、土日は20ダウンロードくらいあります。 イラストは1回ダウンロードされるごとに3.2円がイラストレーターに入ります。(2018年12月現在) なので、毎月4000円くらい稼いでいます。 イラストACができた当初は報酬は0円で、その後1円、1.5円、2.5円と1回のダウンロード金額…

続きを読む

イギリス留学中の住む場所

今日はロンドンで住んでいた場所について書こうと思います。 私は、TUBEの駅だと最寄りがArchwayというところに住んでいました。 Archwayは旅行でロンドンを訪れる人はほぼ行くことはないと思います。 tubeのNorthan lineでzone2の端にあります。 ロンドン市内へのバスの便もたくさん通っており、時間と気分によって地下鉄とバスを使い分けて通学していました。 私が通っていた学校がzone1だったので、家探しをしていたときはなるべくzone2内で見つけたいと思っていました。けれどやっぱりzone2内は安い物件が少ない。 そんな中たまたまネットで見つけたArchwayのシェアフラット。住民は4、5名で皆んな日本人。オーナーはアイリッシュと日本人のご夫婦。家賃は1日13ポンド。これだー!と思いました。 記載されていたアドレスにメールしてみました。なんとその広告自体は4年ほど前に掲載されたもののようだったのですが、運良く今も部屋が空きそうとのこと。スカイプでオーナーと話し、後日住人の方にもスカイプで部屋の様子を見せてもらいました。古いアパートだけれど住むのは半年だし、悪くない感じ。 イギリスに行く前は治安がとにかく心配で、危険な地域などを調べていました。 ロンドン市警が公表しているClime data dashboardを見ると、ロンドンでの犯罪の種類や件数を調べることができます。 https://www.met.police.uk/s…

続きを読む

ロンドン芸術大学のオリエンテーションとショートコース〜留学費用と授業内容〜

ロンドン芸術大学に短期留学して、帰国後デザイナーになったNARAです。 今回私は半年間の留学でかかった費用を参考までにご紹介します。 2015年当時のレートは1ポンド180円くらいでしたので、そのレートで計算すると費用は以下のようになります。 学費 約120万円 住居費 約35万 食費や生活費の他にも頻繁に旅行したり、買い物もたくさんしたので、全部で200万円くらいかかったと思います。 以下は詳細です。 家賃は1日13ポンド×30日で390ポンド。 光熱費はシェアフラットに住んでいた5人で振り分け。うろおぼえですが、1ヶ月で15ポンドくらいだったと思います。なので住宅、光熱費を合わせると400ポンド前後。日本円で7万2000円くらいです。 私は4月半ばから9月前半まで約5ヶ月間フラットにいたので、35万円ほどだったと思います。 私の家は古いアパートでしたが、周りの日本人学生の家賃を聞いてみると立地が良い割にリーズナブルだったようです。 授業内容、学費については以下です。 ①Orientation to art and design コース 当時は約3900ポンド 約70万円 9週間のコースで、アートとデザインの基礎を学びます。内容はリサーチ、デッサン、立体作成、ファッション、身体表現、グループワークなど多岐に渡っています。毎日違うテーマで1日で完結する授業が多かったです。 最終週はポートフォリオの作成をして、ファンデー…

続きを読む

イギリスの紅茶 フォートナム&メイソン

今日はイギリスに行ったらぜひ訪れていただきたい老舗百貨店「Fortnum &Mason」について書きたいと思います。 日本でも紅茶やジャムなどがデパートで売られており、お洒落なパッケージが目を惹きます。 ロンドンの本店へ一歩を足を踏み入れると、期待以上の空間に驚かれることでしょう。 真っ赤なふかふかの絨毯に、高い天井、螺旋階段。 入口入ってすぐの1階は、フォートナムアンドメイソンの独自ブランドの紅茶などが ぎっしり並んでいます。日本では売っていない種類もたくさん。 容量が大きな缶やティーバッグタイプのものなど、用途に合わせて選ぶことができます。 私のオススメを3つ挙げてみます! 「ROYAL BLEND」 Amazon フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド ティーバッグ 25個入り(個包装) Amazon フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド リーフ 1缶(250g)[並行輸入品] フォートナムアンドメイソンといえば、これ。一番有名なブレンドではないでしょうか。 初めての方にはぜひここから試していただきたいです。 麦芽のようなアッサムに加えたセイロンのフラワリーペコーが気分を高揚させます。 蜂蜜のような味とも例えられています。 1902年の夏に国王エドワード七世のために初めてブレンドされました。 ロイヤルという名にふさわしい、まさに王道を行く紅茶です。 「FORTMASON」 A…

続きを読む

イギリス留学経験が役に立ったこと 『ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂』発売記念 著者来日トークイベント

今回は留学ともデザインとも直接関係はないことなんですが、 留学によってある程度英語が使えるようになったことと、海外で暮らしたことで得た度胸によって自分にとってはすごいできごとが起きたので、書きとどめておきます。 私は2018年のワールドカップ、クロアチア対デンマークの試合をテレビで見た日から、クロアチアのキャプテン、ルカ・モドリッチ選手のことを追いかけています。追いかけると言ってもツイッターやインスタグラムでモドリッチ選手の写真や動画を見るのがメインで、たまにネット配信でレアルマドリードやクロアチア代表の試合を見ています。ちなみにこのブログは内容は留学転職だけれど、ドメイン名は好きな名前にしようと思ったので「lukamodric10」にしてます笑 先月、モドリッチ選手の生い立ちから現在の世界一のミッドフィルダーになるまでを書いた本が日本語訳で出版されました。 元々はスペイン人ジャーナリストによってスペイン語で書かれた本です。 『ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂』です。 楽天 ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂 [ ビセンテ・アスピタルテ ] Amazon ルカ・モドリッチ 永遠に気高き魂 私はこの本を購入したことを写真付きでツイッターに上げました。 すると、なんと、著者のヴセンテ・アスピタルテさんから日本語で以下のメッセージが届いたのです! 「ルカ・モドリッチ評伝『永遠に気高き魂』をご購入いただき、ありがとうございます。楽しんでいただければ何よ…

続きを読む

イギリス留学への準備〜生理用品

イギリスの美大に短期留学してデザイナーに転職したNARAです。 これから留学準備をする方へ、留学中にもって行くと便利なものをご紹介していきます。 今回は、女性限定の情報です。 生理用ナプキンについてです。 可能ならば夜用の分厚いものを日本から持参することをお勧めします。 もちろんイギリスのドラッグストアにもナプキンは売っています。 ですが、イギリス人はタンポン派の人が多いようで、ナプキンの種類は日本ほどありません。 Alwaysという商品が主力でした。 Amazon Always Soft & Fit Sanitary Towels Normal Wings 14 per pack - 常に正常な生理用ナプキンパックあたりの翼14をソフト&フィット [並行輸入品] このナプキンは日中ならなんら問題ないのですが、夜用でも薄めで、私はもともと量が多めなので、夜は不安がありました。 フラットメイトの日本人も、ナプキンが薄いことで困っていました。彼女は縦に2枚貼ったりもすると言っていました。 日本では売っているのを見たことがないのですが、Amazonでは輸入品として取り扱いがあるようですね。ちなみに、これです。 Amazon Always Ultra Secure Night Sanitary Towels with Wings Single Pack 9 per pack - パックごとに単一の翼パック9と常に超安全な夜…

続きを読む

イギリスでの生活~日本食

社会人のアート留学!ロンドン芸術大学に短期留学して帰国後デザイナーに転職したNARAです。 今回は留学中に日本食が食べたくなった時のための情報です。 私は1週間くらいの海外旅行ではまったく日本食を食べたいと思うことはないのですが、さすがに海外に定住するとたまには和食、ご飯が食べたくなります。私は半年間の短期留学だったので、なるべく現地イギリスの食材、料理を食べようと決めていましたが、フラットメイトはほぼ毎食日本食を自炊している人もいました。 ロンドンには、日本の食材を売っているお店が幾つかあります。 特に買う予定はなくても、ピカデリーサーカスにあるジャパンセンターは一度足を運んでみると良いと思いますよ。ここは日本の文化をイギリスに広めるという役割を担っているようです。https://www.japancentre.com/ja 同じくピカデリーサーカスにあるRice Wineは、比較的リーズナブルに日本食材が手に入ります。http://www.ricewine.f2s.com/ とはいえ、このようなショップでは日本でよく見る基本的なものは売っていますが、日本のスーパーのように品揃えがいいとは言えません。 そして、値段が高い! イギリスのスーパーにも日本食材を取り扱っているコーナーがあったりします。 日本から輸入されたものより、イギリスのメーカーが作った食材の方が安いです。 ただ、日本で食べ慣れている味とは少し違うかもしれません。 豆腐などはびっくりする形状で売られてい…

続きを読む

イギリス留学〜Orientation①

私がイギリスに滞在していたのは4月〜10月の半年間。学校へは4月〜8月の間通い、コースを3つ受講しました。 4月から6月は、Orientation to Art and Designという9週間のコースを取りました。 以下が学校の公式ホームページです。 https://www.arts.ac.uk/subjects/fine-art/pre-degree-courses/orientation-to-art-and-design-csm 授業は月曜日から金曜日まで毎日10時から16時まで、9週間です。 このコースは本来、イギリス以外の国で教育を受けた人がロンドン芸術大学のファンデーションコースに進学するための基礎訓練のコースです。 つまり、イギリス人の高校生たちが学んできた内容をぎゅっと濃縮したような内容になっています。 デッサン、立体製作、ファッションなど幅広いジャンルの基礎中の基礎をやります。ほぼ毎日違う内容をやるので、いろんな作品を作ります。プレゼンの時間もあるので英語を話す訓練にもなります。 学生たちはコースの最終週に、進学したいカレッジと学部を申請し、作品の審査の後に合否が決まります。 …以上の流れはコースを受講して知りました。私はロンドン芸術大学の4年制コースに進学する気はなかったのでこのコースを取らくてもよかったのですが、ユニバーシティ・コンサルタンツに留学相談に行ったらこのコースに行くのが前提で話が進みました。いろんなことができてよかったのです…

続きを読む